元気の出る張り合いの良いリフォーム

約13年前に耐震診断でご縁の合ったN様。

耐震補強工事に始まり、

外装改修やもろもろの工事で頼りにして頂いております。

今回は、電動シャッター付の腰窓サッシに取り換える工事です。

台風のたびに固くなった雨戸を閉めに来てもらっていたとの事。

せっかくなので特注にて和風面格子もアレンジして取り付け。

「古い家やけどこんなに良くなると張り合いええわー」と

喜んでいただきました。いつもありがとうございます。

元気の出る張り合いの良いリフォームはTAPまで・・

 

7/8(日)ソムリエツアーは中止 ☞ 8/11(土祝)に開催

=イベントのお知らせ=

○ 7/8(日)ソムリエツアーは中止☞8/11(土祝)に開催

○ 7/28(土)29(日)リノベーション現場途中の見学会

「もう一世代つなぐ終のリノベーション」

○9月上旬 木のソムリエツアー「木の住まいを見て見よう」

国産材でZEHの家 構造見学会 四日市 市内

国の進める両端究極の政策をコラボレーションし

プロデュースしました。

 

 

リノベーション途中の見学会

TAP今度の見学会は、

終のリノベーション中のN様邸を

工事途中で見て頂くかなぁ・・・と

考えています。

7月末の土日をお見逃しなく・・・

乞うご期待!

 

昨日は一日中三重大で今日は・・

今日は、午前が基本設計打合せ、

午後イチ耐震診断、

午後二が実施設計打合せでした。

次の上棟現場では、

リクシルの初期投資ゼロ円太陽光システム&

ZEH住宅になりそうです。

これは三重県第一号かもしれません・・!?

皆さんが使えるお客様とのQ&A

Q)プランを見ていてキッチンと風呂が離れてるなぁと

いう話になりました。

給湯器から離れるとお湯が出るのに時間がかかる?

ロスが大きくなる?

ガスを使用する場合、給湯器やガスボンベはどのよう

な配置が良いでしょうか。

アドバイスをいただけませんでしょうか。

(キッチンでお湯はほとんど使用しません。

コンロはガスを希望です。)

よろしくお願いします。

P.S.風呂とタンス部屋の位置を変更したものも

考えてみました。

お湯が出る時間とロスは改善するでしょうか?

 

A)ご検討メールありがとうございます。

お察しの通り、給湯器からお湯の仕様場所が離れると
使い終わるぐらいにやっとお湯が出る
といった現象が考えられます。
一番感じるところはキッチンで、2番目は洗面所です。
お風呂は、お湯を大量に使うため、出てくるのが遅れ
ても意外と気になりません。
しかし、湯船を追炊きするのにはある程度近い方が
良いです。
以上のことから今回のケースは(お察し通り)、
キッチンでは、ほとんど使わないとの事なら、
給湯機設置場所は、お風呂の近くとなります。
ガスボンベの置き場は、やはりガス屋さんが
交換しやすい方が良く
しかし配管的には給湯機と離れてしまっても
問題ありませんので、Mさんの使い勝手に
合わせてでOKです。
又、ガスを使われるのなら、各部屋にファンヒーター
用のコックはどうでしょうか?
合わせてご検討ください。
新しい間取りもありがとうございます。
現在の設備機器事情から行きますと、
大きくは変わらないと思われますので、
使い勝手を優先していただいた方を
ご選択いただければと存じます。
次から次へとの発想、あっぱれでございます。(^o^)丿
個人的には南側に浴室があると、
特に冬場の昼間のお手入れは快適かなと・・。
いろいろ説明させて頂くうちに、
出てきた発想があります。
キッチンの近くにキッチンだけの
ガスの小さめの給湯器を設置し
浴室、洗面所様には、電気温水器かエコキュート
(追炊き希望の場合)を付ける併用プラン案です。
今やガス屋さんに電気代を払う時代になり、
オール電化のメリットも今やありません。
コレは行けるかもです。
合わせてご検討ください。

咲いてきました(^o^)丿

10年ほど前に設計させて頂いた

万古祭りの中心にあるこのお宅

㈱各冶様の会長さん(叔母の高校クラスメート)より

TAPのご近所と言うことでご紹介頂いたお施主様N様。

実際の施主となられる息子様は、

私の高校の先輩でした。そして先輩の奥様は、

16年前のTAP見学会に来て頂いたことのある

当時としては、とてもレアーな方(笑)でした。

昨日、その奥様のお兄様から

「娘の家を考えてるので」と

いうことで資料請求を頂きました。

つつみの家づくり無料相談は、

どう転んでもプラスにしかなりません。(笑)

お気軽にどうぞー。穴場ですよ。

 舘君若いなー(笑)

ご縁・・ありがとうございます。

丸太を光る

岐阜県海津市のリフォームでは

玄関土庇の柱の取り換えがあり、

桁丸太、柱丸太の光付け納めです。

喜一棟梁直伝で、しんたろう大工が加工。

かっこいい!ですよね。

最近さらっと光れる大工さんは

めっぽう少なくなりましたね-。

出来るだけ、つないで行きたいと

再認識をするつつみでした。

完成写真は、又報告します。

甥っ子の家着々と準備中

甥っ子の家着々と外構敷地調整中です。

この土地は石積みを上手に使いますが

下手な中古宅地は(苦笑)修正に費用が、

多くかかる場合があるので

購入の際は、先にプロに見てもらうことを

お勧めします。

堤は、明日明後日と伝統耐震診断士の更新講習で

東京に出張します。

あしからずご了承ください。<(_ _)>