TAPの手法

ホーム > TAPの手法

通気断熱工法

高温多湿な日本の夏。昔ながらの日本家屋は呼吸する木材や土壁などの自然素材でできており、常に家屋の中の空気は循環され、調湿されていました。しかし冬の寒さの悩みもあり、日本の住宅建築は省エネ思考とともに‘高気密・高断熱’にまい進してきました。 
 
一住宅設計技術者としては、室内への新鮮空気の供給が無視されている高気密・高断熱の家づくりは健康面に良いとは思えません。そのため、自然の恩恵を受けるような間取りにこだわり、無垢の木の柱を使って胴縁施工することや、居室の内装材に無垢材を使うこと等の工夫を行い、最新のお値打ちで優秀な建材も織り交ぜながら、価値ある住宅をリーズナブルな価格で提供してきました。
 
通気断熱工法のイメージ
しかしこの度2020年対応住宅への規制が決定し、高気密高断熱の家しかつくれなくなります。換気扇だけでしか新鮮な空気を取り入れられない家は、私にとって考えがたく提案できません。かといって、2020年の対策を否定し、施主様に納得してもらうのも筋が違うと考えます。今までの設計ポリシーを守ったまま「2020年の断熱対応で、室内には新鮮な空気が供給できる施工方法はないか?」…そうして行き着いたシステムが通気断熱工法です。
 
通気断熱工法では、屋根・外壁・基礎をぐるりと覆う断熱層と、その内側にある居室との間の壁の中に通気層を設けています。夏は居室のなかで発生した熱気・湿度を、通気層を通って屋根裏の換気口に逃がすことができるので、居室の中は快適な湿度に保たれます。冬は通気層の出入り口のふたが形状記憶合金(17℃以下で閉じる)で電気を使わなくても勝手にしまるため、暖房であたたまった空気が逃げていく心配がなく、暖かく過ごすことができます。
居室の壁は呼吸するコットンクロスを使用します。通気断熱工法は、住まわれるご家族の健康と快適性を守ります。土壁の家に取り入れることも可能ですのでご相談ください。

長期優良住宅

平成21年6月より施行された「長期優良住宅促進法」に基づき、認定を取得した住宅を長期優良住宅と言います。建築基準法の水準より厳しい耐震性能・断熱性能・高いメンテナンス性を備えた住宅となります。
TAPでは新築の場合、ほぼすべての住宅で長期優良住宅認定をとることを基本としています。また、長期優良住宅や長期優良住宅化リフォームには一時的な補助金が付くことがあり、その時々に使える補助金がある場合、こちらからお客様に提案しております。

メンテナンス・点検

既存のお客様の住宅へのメンテナンス相談は随時承っております。小さな不具合でも遠慮なくお申し付け下さい。 保証は住宅保証機構または住宅あんしん保証による住宅瑕疵担保責任保険に加入いたします。新築は引渡し後、基本20年、最長60年の住宅保証制度があります。