和風民家の平屋建て

築100年超の古民家再生工事のご相談から始まり耐震診断や劣化度を判定もし多くの検討を重ねた結果、修正には多くの費用がかかりすぎてしまうので新築にて建替えとなりました。検討の経緯からお気に入りだった母屋のイメージや間取りは再現し、設備系は最新装備としました。他社さんも沢山見学に行かれたとのことですがTAP和風民家の平屋建てで完成です。

前の記事

ガラス張り床のある木の家

次の記事

和風モダンの平屋建て