思い出の建具を残す手刻みの家

杉の磨き丸太の玄関や、細目の縦桟を象徴とした数寄屋造りの事務所。
茶室の立礼席をイメージした6帖ひと間のゲストルームは、若棟梁が一から手刻みで仕上げました。

前の記事

呼吸する平屋建て

次の記事

戸建賃貸住宅(4棟)