「京都北山天然絞り丸太」

四日市のI様邸では、洋間に床の間&仏間仕立ての演出をしています。

堤の持論☞和風は洋風にも合うです。

そして床柱は「京都北山天然絞り丸太」です。

私が京都で修業しているころは、高級品で何十万もしていた代物です。

現在は、使われなくなったのと、当時の挿し木が成長して手に入りやすくなってます。

数寄屋和風には、ばっちりの演出が出来ます。「嫌いでなければ、使わな損、損」です。

今回は何も指示せずして、スタッフ舘がプロデュースしていました。

スタッフの成長もうれしい限りです・・・。

いよいよ明日からの2日間・・9月16,17日は、名古屋市緑区で「ガラス床張り床のある家」の完成見学会!

台風の進路によりビミョーな展開になるかもですが、明日は大丈夫でしょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP